廃車の一連の流れ

残念ながら廃車するしかない場合

どうしても買取価格が付かなかったとき廃車するしかありません。

 

そんな自動車を廃車にはいろいろな手続が必要です。

 

まず、解体業者に連絡をして解体してもらいます。解体するとはいえ車のボディは鉄ですし、エンジンにも価値があります。
無料で取りに来てもらえることがほとんどです。

 

解体業者に渡す前に車検証や自賠責関係書類を全て車から出します。

 

その中にリサイクル券が入っていますから、解体業者に渡しましょう。解体業者はナンバープレートを前後共に外して自分に渡してくれるはずです。リサイクル券の一部も返してもらえます。

 

解体が終わると解体業者は解体日と番号を電話などで連絡してくれます。この解体日や番号がわからないと手続が一切できないので必ずメモをして大切に保管しましょう。

 

次に普通者であれば陸運局へ軽自動車であれば軽自動車検査協会に行きますが、その前に印鑑証明書を1通準備する必要があります。実印を抹消していたら登録する必要があります。

 

印鑑証明書があれば、後は実印・リサイクル券の残り・ナンバープレート2枚・車検証・自賠責書類を持って行けばいいです。

 

また、自賠責や自動車税などの一部が還付されますから還付先の銀行口座がわかるキャッシュカードなども必要です。

 

申請書類の書き方は陸運局などで親切に教えてくれますから心配いりません。

 

廃車を説明してきましたが、廃車は最終手段。

 

まだ当サイトの方法を試していない方は是非試してください。廃車予定の愛車に思わぬか値が眠っているかもしれません。