廃車にかかる費用について

廃車する際にかかってくるひようについて

もう乗らなくなってしまった車、乗れなくなってしまった車。

 

いずにしろ、そのまま所有していたのでは税金がかかってしまいますし、動かない車を置いておくわけにも行きません。

 

そこで、廃車を考えるわけですが廃車の費用がいくらかかるかごぞ存じですか?

 

廃車にかかる費用は、所持している車種や状態(走行可能かなど)によって変わってきます。

 

また、自分で行うか、業者に依頼するかでも変わってきます。

 

基本的な費用としては『リサイクル料 + 解体費用 + 抹消登録費用』となります。

 

『リサイクル料』は支払済みであれば、もう一度払う必要はありませんので、0円です。

 

支払っていなければ、おおよそ国産自動車だと10000円、国産軽自動車で8000円、外国車で15000円、大型車で20000円必要になります。

 

『解体費用』は解体業者へ依頼しなければなりませんので、だいたい10000円ぐらいかかります。

 

ただ、解体業者から鉄くず代としてお金を受け取ることも多いので、差し引きで0円になることがあります。

 

解体費用で場合によって必要になるのが、走行できない車の場合の陸送料金です。

 

業者に引き取りに来てもらうことになるので、だいたい費用として10000円前後ぐらいかかります。

 

『抹消登録費用』は自分で行う場合は、0円です。

 

ただ、陸運局で手続きしなければなりませんので、業者や行政書士に代行を依頼すると4000円前後かかります。

 

かかる費用の総額は、国産自動車だとして0円〜25000円ぐらいになります。

 

これから廃車にしようとしている車に費用をかけるのはもったいないと思うのは私だけでしょうか…

 

そこで廃車の費用を抑えるためにも試しに買い取り業者に査定してもらうというのはいかがでしょうか?

 

実は廃車にするような車でも場合によっては買い取ってもらうことが可能です。

 

例え走行不能な車でも、解体することでパーツ・部品としての価値はありますし、海外では「日本車」はブランド力が高いため状態が悪くても輸出をメインに行っている業者にとっては需要があるわけです。

 

買い取ってもらうことができれば、かかるはずだった費用が浮くと同時に次の車の購入資金やお小遣いがもらえ、さらに廃車にかかる手続き一切を行ってもらえるので、面倒な作業がなくなります。

 

これはどちらがお得か一目瞭然ですね。

 

ですから廃車を考えている方は一度、車を査定してみることをオススメします。