廃車の抹消登録について

廃車の抹消登録をオペレートする

廃車で抹消するというと解体して抹消することを思い浮かべる人が多いです。

 

この形式を永久抹消と言いますが、これに対し一時的に車を使わなくなった際に車検期間や自動車税の支払などをストップする一時抹消という抹消登録もあります。

 

永久抹消は、解体業者などに解体処理を依頼しますから、車自体がこの世からなくなります。

 

そのため単に陸運局のデータから抹消された車両のデータを消去するだけです。そのため手数料はかかりません。

 

これに対し、一時抹消は後日陸運局に再申請することで、再度自動車を使用することができるようになります。

 

そのため、手続の際に登録をした証明書の交付を受けます。この交付手数料として350円必要です。

 

永久抹消も一時抹消も自動車の使用が停止されますから、自賠責や自動車税などの税金が還付されます。

 

一時抹消をした後に「やっぱりもう使わない」という事もあります。

 

この際は「解体届出」という処理をしますこの届出をすることで永久抹消と同じ効果が得られます。
また、あまり例はありませんが業者が輸出する際に「輸出抹消登録」をします。

 

車自体は世界のどこかで使われているでしょうが、日本では使わないので抹消登録をして自賠責などを還付するのです。