清原和博さんの愛車

最近残念ながら逮捕されてしまった清原和博さん。なんとしても復活してほしいものです。

 

そんな清原和博さんは西武選手時代から車好きも手伝って色々な車種を乗っています。
最初に購入した高級車がBMW 635 CSiAで19歳のころに手に入れたようで、当時入団してほとんど年数が経っていないのですでにスター選手の仲間入りとなってたのがわかりますね。

 

その後は、フェラーリ テスタロッサやメルセデス・ベンツ 560SECやメルセデス・ベンツ 500SLやメルセデス・ベンツ 560SELなど、20代のころはメルセデス・ベンツやフェラーリといった高級車を大体1年単位で購入し乗り回していました。

 

30代に突入した時には、ブラバスやフェラーリやハマーやメルセデス・ベンツと相変わらず高級車に乗っているなというのが分かるものの、昔ハマーが流行り車が好きな人たちの中では愛車として乗っていた時代もありましたが、清原和博さんの同時期に同じ車種を乗っていたのを知りますと流行している車も好きなのかと感じられますよね。

 

また30代は割とシックなデザインが好まれていたようですが、40代に入るとロールス・ロイスやフェラーリやMOSEL M65RSと、見た目もザ・高級車という感じの車種が好みのようで、車好きも短期間で乗り換えてしまいますと購入費用だけで莫大な金額が掛かることから、高収入でないとできないことだと憧れてしまいます。