リサイクル料はどうなる?

リサイクルマーク

自動車を買うとリサイクル券という書類が付いてきます。

 

これは、自動車を廃車する際にその費用の一部に充てるために国の機関がお金を預かるものです。

 

廃車の際にはこのリサイクル券の範囲内で廃車をするため、解体業者に改めて解体費用を支払う必要はありません。

 

しかし、ある程度解体の知識があったり『どこかに捨てればいいや』と考えるような人だと、このリサイクル費用を自分に還付してくれないかと考えることになります。

 

ただ残念ながらリサイクル費用は許可を受けた解体業者以外に支払われることは原則としてありません。

 

解体の際に車両利用者に直接支払ってしまうと、実際に解体されるかどうかわかりません。
また、許可を受けた解体業者にしか支払をしないことで、確実に解体されることを制度上担保しているのです。

 

この制度のおかげで自動車の不法投棄は減ってきたと言われます。
リサイクル券の制度ができてかなり経ちますから、日本で走っている車のほとんどはリサイクル費用を支払っているのです。

 

しかし、例外として自動車を輸出する際には輸出を申請した人にリサイクル費用を還付します。

 

輸出抹消の際には日本では走らないことが前提なので自賠責などと同様に諸費用をいったん全額返金するためです。