自動車売った後に必要な手続きや書類まとめ

自動車を売ると名義変更が必要です。車検証を見ると所有者名に自分の名前が出ていると思います。

 

ローンで買うとディーラーの名前になっているでしょう。

 

もし所有者がディーラーの名前になっていたら名義変更ができません。

 

ローンを完済するか完済済ならディーラーに変更依頼をする必要があります。

 

名義変更の際に陸運局では車検証・自賠責証明書・譲渡証明書などが必要です。

 

この中で売主が準備してもらう必要があるのが、実印を押した譲渡証明書と印鑑証明書です。これがないと買った側は名義変更ができないので印鑑証明書を取ってきたくださいと頼むわけです。

 

また、車買取店が名義変更する際には売主の委任状が必要です。これも実印を押す必要があります。

 

車買取店に車を売る際は、印鑑証明書を買取り店に渡せばすべてやってくれます。
名義変更は全てお任せにすればいいのですが、もし友達に車を売るのであれば、印鑑証明書をどちらかに預けることも不安でしょう。

 

そのためできれば一緒に行くことをお勧めします。ちなみにその際には委任状は必要ありません。

 

陸運局の手続は難しくはなく、車の車検証入れに入っている書類をすべて持って行けば、手続きは完了します。

 

ただし、車を買った友達は車庫証明の手続を先に済ませる必要があります。これが終わっていないと名義変更ができません。