売った後自動車保険はどうなるの?

保険の説明

車の保険には2種類あります。

 

1つは強制保険の自賠責、もう一つは任意保険です。

 

自賠責は、車を売ると加入義務が解除されますから還付対象です。

 

しかし、任意保険は車を売っても自動的に停止しないので申出が必要です。

 

ちなみに自賠責は還付されますが、当然それは買取業者に対してです。
そのため、自動車の売却価格には自賠責の還付額が含まれていると考えた方がいでしょう。

 

業者はこのような話をすることはありませんが、知っているか知らないかで買取店との交渉ネタの一つにすることはできるでしょう。

 

任意保険は、売却が決まったら早目に保険会社に連絡することが必要です。

 

売却日に保険会社に電話をすることで清算日がその日からになるのです。

 

連絡をせずに後日売却をしたと申し出ても相手にしてくれませんから要注意です。

 

新しい車を買うと、再度自賠責に加入する必要があります。
また、買換えであれば自動車保険を継続することも可能のです。

 

新車を購入するようであれば、事前に車体番号やナンバーなどを保険会社に連絡しておくと車両入替の手続はスムーズに進みます。

 

新車購入の際にディーラーから任意保険を自社取扱いの保険会社に代えて欲しいと言われることがあります。
しかし、継続した方が何かとお得なことが多いため応じない方が賢明です。