事故車でも「事故歴アリ」「修復歴アリ」では全くの別物

事故車

「事故車」は中古車屋さんでもかなり安い値段で売られていますね。

 

この事故車という定義があいまいに使われていること多い。

 

ただ事故車と一口に言っても、「事故歴アリ」「修復歴アリ」「修理歴アリ」では査定の際に大きく意味合いが違うことをみなさんはご存知でしょうか?

 

これを知らなければ後々とんでもないトラブルに発展してしまう可能性もありますから、知らない人はしっかり覚えておきましょう。

 

事故歴・修復歴・修理歴の違い

修理している事故車

文字通り事故を起こし車を事故車と呼びますが、この事故の経歴を「事故歴」と呼びます。

 

どんな事故であっても事故を経験していれば「事故歴がある車」なわけですね。

 

そして「事故歴」と「修復歴」は事故を起こした際どこを損傷したかでどちらに該当するかが変わってきます。

 

例えば、「事故を起こしバンパーを凹ませてバンパー交換の修理に出した」といった場合。

 

これは「修理歴」に該当します。

 

しかし、「バンパーだけにとどまらずフレーム部分の修復も必要な損傷だった」場合。

 

これは「修復歴」と呼ばれます。

 

具体的にどういうことかというと、修復歴とは骨格部分を損傷し修繕した経歴、修理歴はその他の部分を損傷して修繕した経歴を指すわけです。

 

査定に関していえば、事故歴、修理歴は修繕が終わっていれば大きな問題になることはありません。

 

塗装を塗り替えても色の差があまりなければ、減点される要素は少ないでしょう。

 

しかし修復歴は査定の際に告知義務があり、自己申告しなければいけない重要な事項です。

 

修復歴があるにも関わらず告知をせずに手放した後、愛車の購入者がその事実を知っ買った車屋に賠償請求をした場合、買取を依頼した旧所有者にも責任が及びます。

 

ですから修復歴がある場合は、必ず査定の際に申告しましょう。

 

昔は、修復歴の範囲は広く、ドアパネルの交換など大きな部品の交換は修復歴としていました。しかし、現在では最低限の部分だけに留まっており、骨格部分だけが修復歴の対象です。

 

具体的には「フレーム 」「ピラー」「ルーフパネル」「ルームフロアパネル」「トランクフロアパネル」「フロントインサイドパネル」「フロントクロスメンバー」「ダッシュパネル」「ラジエータコアサポート(一部車種は対象外)」が修復歴に該当します。
※ラジエータコアサポートは交換され、隣接するフレーム部分に損傷、あるいは修繕の後がある場合のみ対象

参考:wikipedia-修復歴

 

事故車の買取を検討中の方はぜひ「カービュー」の一括査定サイトも利用してみましょう。
>> カービュー事故車査定