禁煙車は喫煙車より買取有利になる?

喫煙車と禁煙車

一度でも愛車を買取したことがある人はわかると思いますが、立ち合い査定では車内をこと細かくチェックされます。

 

中古車買取業者は、買った車をオークションへの出品したり店頭で販売しなければなりませんからね、この編は余念がありません。

 

となるとやっぱり、「タバコの臭いが苦手な方」も今のご時世たくさんいるわけですから、禁煙車と喫煙車では買取価格も変わってきます。

 

問題はどちらが高価買取なのかということですが、喫煙車が禁煙車のほうが高くなるのはいうまでもありませんね。

 

※中古車業者の広告などに目を向けてみると「禁煙車」と表示が出ていることが結構あるんですよ。

 

ですから愛車を高く買取してもらいたいのであれば車内は禁煙にしておくことをお勧めします。

 

喫煙車を手放す前にちょっとしたコツ

重曹

とはいうものの、すでに車内で喫煙しておられる方も多いとおもいます。

 

もうすでに車内でタバコを吸っていたといった喫煙車を手放す際には、車内を重曹で掃除しておきましょう。

 

ヤニの原因であるタールが酸性のため、アルカリ性の重曹を使うと効果的にヤニや臭いを落とすことができます。

 

ですから、重曹で掃除しておけば喫煙車であっても「あまり値が下がらなかった!」なんてことになる可能性も大!

 

ではそんな重曹でどうやって掃除するのかご紹介いたしましょう。

 

重曹で車内掃除STEP

 

40度〜45度くらいのお湯2に対して重曹1の割合で溶かす。

 

溶かした重曹をスプレーボトルなどに入れ、シートやダッシュボードに吹きかける

 

吹きかけたら雑巾などでしっかりふき取る。最後はしっかり乾拭きで水気を取る。

 

重曹もホームセンターなどに行けば安価で買えますし、スプレーボトルは100円ショップに売っていますからほとんど費用はかかりません。

 

たったこれだけで喫煙車であっても買取額がUPする可能性もありますから、ぜひ実践してみましょう。

 

※シートやダッシュボードに重曹を吹きかける際はシミにならないように注意しましょう