純正パーツを用意しておこう

純正品のカーナビ

車好きの方は、愛車をカスタムパーツでカスタムして乗っている方もおられるでしょう?

 

またカスタムとまでは言わないまでも、カーナビやオーディオなどは「社外品」を使っている方は多いとおもいます。

 

ただし愛車を手放す際は買ったときに備わっていた「純正パーツ」はしっかりと用意しておきましょう。

 

なぜ純正パーツを用意しておく必要があるのか?

純正ホイール

査定前に純正パーツを用意したほうが良い理由は、いたって簡単。

 

「純正パーツのほうが高く買取してもらえるから」です。
正確に言うと純正パーツがない場合、査定からマイナスとなってしまいます。

 

なぜかはお分かりになるとおもいますが、人それぞれ、好みも違いますから自分が最善だと思って選んだパーツ必ずしも他の方が良いという保証はありません。

 

ですから中古車業者としてはリスクを背負うわけにもいきませんので、純正パーツの方がどうしても評価が高くなってしまうわけです。

 

これは純正パーツより良いパーツがついていたとしても、純正パーツの方が高く評価されます。
※極稀に社外品のカーナビなどは純正品よりも高評価をされる場合もあります。

 

ですから立ち合いでの査定を行う場合の前には、取り外した純正パーツを用意しておきましょう。

 

ただ必ずしも装着しているカスタムパーツを外して純正パーツ装着する必要はありません。

 

査定士がやってきた際、純正パーツが確認できれば査定額には影響を与えません。

 

純正パーツがあれば社外パーツも価値を生む

社外品応援隊

純正パーツがなければ社外品は評価されませんが、純正パーツがそろっていた場合、話は変わってきます。

 

中古車業者であれば、社外品パーツも一緒に引き取って査定にプラスしてくれる可能性が大いにあります。

 

もちろん社外パーツに見合った金額を提示されなければ、断ってパーツ専門の買取業者やヤフオクなどに出品すればいいだけ。

 

ただ付け替える手間やさっさと手放してしまいたいという方は、中古車業者に手放してしまうのも一つの手です!

 

※ディーラーへの下取りの場合、社外品は一切査定に反映されませんから注意しましょう!