軽自動車は値落ちが少ない!

最近軽自動車税が増税されました。

 

年間1万円を超えてしまったのですが、それでも同程度の普通車の税金に比べると半分以下です。

 

自賠責などの維持費を考えても軽自動車は普通車に比べて圧倒的に維持費が安いのです。

 

最近は軽自動車でもホンダのS660やダイハツコペンのようにスポーツタイプのものもあり、その価格は案外高いです。
特にS660などは200万円を超えると言われており、普通車より価格が高いのです。

 

また、他の軽自動車も100万円の販売価格のものも珍しくなく、高級化されているのが最近の傾向です。

 

しかし、といってもまだまだ一般的には軽自動車はリーズナブル。
そして最大の魅力はそのリーズナブルな価格で大変維持費が安いという最大のメリットがあります。

 

維持費は車を買う上で非常に重要です。
取得価格は1度きりであっても、その後の維持費は永遠に続きますからね。

 

そういった理由から軽自動車は中古車販売の市場でも大変人気の車種です。

 

人気車種ということは、それだけ在庫を抱える心配がありませんから、業者からは好まれます。

 

業者から好まれるということは、いうまでもなく高値が付きやすいということ。

 

ですからリーズナブルな価格で手に入り、値崩れしない軽自動車はとても優れた車種なのです。