古い車でも高値で売れる車種は存在する

四駆

少し前の話ですが、トヨタのランクル70が再販売されていました。

 

ずいぶん昔の車ですが、現在の保安規定に合わせるための小変更をしただけで復刻させたようです。
人気が集中して予定台数は売れてしまったのです。

 

古い車でもこのように人気があれば高値で売れるのです。

 

特にオフロード車はもともと頑丈にできているため、簡単に劣化しません。
日本で走っている車の多くは年間1万キロも走っていません。
しかし、この手の車は10万キロ走行後も手入れをしっかりしていればまだまだ現役で走ることが十分可能です。

 

この手の車は、製造中止から10年以上経っていますが、現実に中古車として多くの車両が販売されています。

 

また、俗に言われる「希少車」も高値で売れます。
クラッシックカーに属するようなビンテージ物は別として、外国車の中で人気が高いままインポーター等の事情で輸入が途絶えた車は存在します。
この手の車は「クラブ」があるため、維持管理が案外容易です。乗りつづけることができる希少車なので値段は案外落ちません。

 

中古車市場で人気のある車種は、古い車でも値段が落ちず車歴の割に高く売れます。
今売れている車種は中古車でも人気車種のため、多少古くても高値で売れるのです。